1. TOP
  2. 「 地獄の黙示録 」は、戦争心理の怖さと人間性の脆さを鋭く指摘する戦争映画

「 地獄の黙示録 」は、戦争心理の怖さと人間性の脆さを鋭く指摘する戦争映画

2017年05月22日 (月) - 23:12:23 (JST) 戦争映画
この記事は約 4 分で読めます。

1960年代のベトナム戦争の頃、旧ベトナム国家の独立と統一をめぐる戦争は南と北の戦いである。

ベトナムは元より、第二次世界大戦以後もフランスの植民地であった。 しかし、大戦後ホーチミンが成立させたベトナム民主共和国(北ベトナム)が第一次インドシナ戦争でフランスと戦い、これを退けることに成功する。

これに対しアメリカはベトナムが共産化することと、共産主義政府の存在を危惧し、されにフランスの傀儡政権であったベトナム政府(南ベトナム)を支援することになる。

ベトナム国家とベトナム戦争

こうして南北二つの政府の対立が始まり、1960年結成されたベトナム解放民族戦線は,北ベトナムの支援のもとに,南ベトナム軍およびこれを支援するアメリカ軍との戦いが行われることになる。 そのベトナム戦争に沖縄基地が出撃基地として使用され、ベトナムから「悪魔の島」と呼ばれていた。

この映画は、そんな状況下でアメリカ軍がベトナムへ進攻ししてゆく状況の中での、一つの悲惨的なストーリーとして展開することになる。

「 地獄の黙示録 」の主要なストーリー

ベトナムのジャングルを舞台に展開するが、1人のアメリカ軍将校の暗殺を命じられた大尉が、4人の部下と共に現地に向かうが、結果、このベトナムでの無残な戦争を目撃することになり、これら戦争の狂気と悲惨さ描く。

強烈な暑さのサイゴンの夏、或るホテルの一室で、ウィラード大尉(マーティン・シーン)は空虚な視線を天井に向けていた。 505大隊の173空挺隊所属、その特殊行動班の一員である彼に、ナ・トランの情報指令本部への出頭命令が下ることになる。 本部では3人の男が彼を待ちうけており、その内の1人がウィラード大尉に向けて今回の出頭目的を説明した。 それは第5特殊部隊の作戦将校であるウォルター・カーツ(マーロン・ブランド)を殺せという命令だったのである。

カーツ作戦将校は士官学校を主席で卒業し、過去に空挺隊員として朝鮮戦争に参加、数々の叙勲歴を持つ軍部での最高の人物であった。 しかし、彼は現地人部隊を組織するという目的で、ナン川上流の奥地に潜入してからは、彼の行動が軍では統制できない異常な方向へと進んでいったのを察知した。

情報によると彼はジャングルの奥地で原地人を支配し、軍とはまったく連絡を絶ち、自らの王国を築いている、というのである。 そのアメリカ軍の恥でもある錯乱者のようなカーツを、殺我害しなければならないというのが軍の意志であった。

この密命を受けたのが若い兵士ウィラード達であり、 彼ら4人の部下達を連れて巡回艇に乗り込むのである。 ナパーム弾の匂いの中で、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」が鳴り響く中、号令一下で数千発のナパーム弾がベトコン村を襲った。

そして、ウィラードは、軍の命令に従い、「神」と呼ばれる人間カーツを・・、

この「 地獄の黙示録 」の概要と戦争心理の怖さ

「 地獄の黙示録 」は、アメリカ介入によるベトナム戦争介入を描く不動の映画

映画「地獄の黙示録」で使われていた、華やかなくクラシックの曲名が鳴り響く、それは、ヘリコプターが飛んでいる場面で使われていた。 これが実に生々しく素晴らしい演出なのです。 ワーグナーの「ワルキューレの騎行」、それもコーラスも同時に入った大音量で流しながら、軍用ヘリの一隊が小村に爆撃するわけです。

それにしても、この爆撃シーンは低空を飛行するヘリ部隊を撮るカメラの動きが素晴らしく、かなり臨場感のある代物だった。 軍用ヘリというのは真黒で、そんな殺人機械が空を飛ぶ様子は正しく地獄の使者、といった感じであり、音楽との調和も見事で、臨場感としては最高のシチュエーションであり、印象的なシーンでもありました。

内容についても、この「地獄の黙示録」という映画は、ベトナム戦争を舞台に描かれているが、勿論、これは反戦的な、否定的な視点で製作されているはずである。

主人公たちの目的は、飽く迄もカーツ将校暗殺であり、激しい戦線の戦闘シーンの実態も描かれているが、主題は常軌を逸した軍人であるカーツ、そして前線においての指揮官不在の事実、それが更に人間の内心の変化、徐々に発狂じみた行動に移して行く男。

こういった要素によって機械のように冷酷無悲な殺人集団としてのアメリカ軍そのものを投射し、内なる腐敗を抱えていたことを示しているのです。

この映画は、戦争批判・アメリカ批判の色を濃くしているのが特徴でしょう。 特に、ベトナムのベトコン(南ベトナム解放民族戦線、南ベトナムの武装共産ゲリラ)も、ベトナム戦争も、元はと言えばアメリカが生み出したものなのだという、フランス人の意が、いささか胸に沁みるのです。

此の戦役は、昨今の中東地域での紛争にも共通する物があるのではないだろうか?

映画のタイトル(原題) 地獄の黙示録
監  督 脚本: ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ / 原作 :ジョゼフ・コンラッド(闇の奥)/ 製作:フランシス・フォード・コッポラ
出  演 マーロン・ブランド、マーティン・シー、ロバート・デュヴァル、デニス・ホッパー
製作・配給会社 アメリカン・ゾエトロープ
公式サイト http://apocalypsenow2016.com/
公 開 日 アメリカ合衆国 / 1979年8月
上映時間 150分
著作権情報 すべての映像及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。
スポンサードリンク広告

執筆者:戦争が好きだッ! さん

\ SNSでシェアしよう! /

戦争映画が好きだッ!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

戦争映画が好きだッ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

戦争が好きだッ!

戦争が好きだッ! さんが書いた記事

  • 「 シルミド 」は時代に翻弄された囚人兵の生きざまを描いた戦争映画

  • 「連合艦隊司令長官山本五十六」は当時の日本海軍の様子を知るのに非常にわかりやすい映画です!!

  • 何度見ても引き込まれる戦闘シーン!「ブラックホークダウン」の魅力

  • 2014年公開の戦争映画「 フューリー 」は、ブラピ主演ながら戦車主役の戦争映画

関連記事

  • アメリカ海軍の白い制服がとても眩しい戦争映画「 愛と青春の旅立ち 」

  • ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場 は米軍のグレナダ侵攻を題材にしたマッチョな戦争映画

  • 人間の誠実さを描き切ったヒューマン映画「 ホテル・ルワンダ 」

  • 「 メンフィス・ベル 」は生と死の間にある戦場で、若き兵士たちが繰り広げる眩しい程の青春映画だ

  • 派手な市街戦が見どころ!戦争ジャンキーファンの為の戦争映画「 ブラックホーク・ダウン 」

  • せめぎ合う「善」と「悪」。一兵士の視点でベトナム戦争を描く戦争映画「 プラトーン 」