1. TOP
  2. F-14トムキャットの魅力が満載!アメリカ海軍エースパイロットのストーリー「 トップガン 」

F-14トムキャットの魅力が満載!アメリカ海軍エースパイロットのストーリー「 トップガン 」

2016年01月27日 (水) - 14:44:36 (JST) 戦争映画
この記事は約 4 分で読めます。

トップガン、それはアメリカ海軍パイロットのエリート養成学校の事です。1969年3月13日にアメリカで設置された訓練組織でしたが、この訓練の目的は低下しているパイロットの教育にあり、空中戦におけるスキル向上でした。 トップガンに参加する事ができるのは、エリート中のエリートと言われるほんの1パーセントの人間だけだです。ある時トム・クルーズ演じるマーベリックはイ ンド洋上に怪しい飛行物体があるという事で、クーガー機と共に目標地点へ機体を飛ばしました。しかしそこで待ち受けていた敵機ミグはクーガー機を追跡しま す。幸いにしてマーベリック機が援護した事でミグは退散する事となりました。難なく帰還をした2機でしたが、ミグに付け回されたショックを受けたクーガ― は、そのショックから立ち直る事が出来ずに海軍を退官してしまいますた。トップガンへはナンバーワンであったクーガ―が参加する予定でしたが、その代わり にマーベリックとそのパートナーが訓練過程への参加を命じられる事になります。

トップガン のあらすじ

カ リフォルニア州ミラマー海軍基地、そこにトップガンはありました。トップガンの訓練生となったマーベリックは、毎日学科と実践的なテスト飛行訓練を2度も 行うというハードな時間を過ごします。特に実践飛行訓練では日によって異なる条件で実施され、F-14機の複雑な操縦では高度や速度の限界を極めるといっ た訓練に苦慮する毎日が続きます。多くの訓練生の中でも、アイスマンとスライダーのコンビは群を抜き、もはや天才という言葉が妥当と言う素晴らしさでし た。

ある夜、マーベリックは気晴らしにと出掛けた士官クラブのカウンターでチャーリーという名前のブロンドの美女と知り合います。その時は それだけの係わりとなりましたが、翌日講義を行う為に部屋に入って来た教官を見たマーベリックは驚きます。その教官こそが、前夜知り合ったブロンド美女 だったからです。女性教官チャーリーは、航空物理学専門博士で、民間人の教官としてやって来たのでした。マーベリックとチャーリーはその再会を機にたちま ち恋に落ちるのですが、その事が原因で有頂天となったマーベリックは飛行訓練でも普段にも増して無謀な操縦を行います。周りの人間がその事を危惧する中、 事故は起きたのでした。訓練の途中に機体は操縦不能となり脱出をするという事態に陥り、パートナーのグースは頭部を強打して死亡するという大きな事故へ発 展してしまいます。

この事故による自責の念にかられたマーベリックは次第に成績も落ち、すっかり目標を見失ってしまい、最終的にはトップガ ンを退官する意思を固めるまでになって行きます。ところがある出来事をきっかけに再び奮起する事になります。その後、空軍からの出撃命令を受け、マーベ リックは自分のミスによる仲間の死を乗り越えて、作戦任務を遂行していきます。

 

トップガン のみどころ

こ の映画のみどころは、何と言っても飛行訓練シーンであると言えます。そのスピード感と飛行により天地が逆になる映像は臨場感が抜群で、マーベリックのは しゃぎ振りとあいまってなかなか楽しく視る事が出来るシーンとなっています。そしてまだまだ未熟な操縦テクニックであっても、光る才能を持つマーベリック の魅力も全開となっています。

F-14 トムキャットの優雅さとカッコ良さも見逃せない重要なポイントです。また、この映画の魅力は映画やストーリ自体も十分に魅了的ですが、映画の端々に挿入さ れているミュージック、そう!主題歌となっていたケニーロギンスの歌った「Danger Zone」ではないでしょうか?おそらく当時の映画宣伝の他、現在でもテレビで流れる事も数多くある名曲であり、映画自体を大いに盛り上げています。

F-14戦闘機のスピード感と危険と隣り合わせのシーンは主題歌のタイトルや歌の歌詞と見事にマッチして、その相乗効果は映像と音楽の一体化により増幅されています。そして、何と言ってもこの映画を最高に面白くしたのは、トム・クルーズのカッコ良さであったと思います。この映画が上映される以前は、トム・クルーズを知らなかったという人も多かったといいます。彼の役者として世に出たきっかけは、このトップガンであったと言っても過言ではありません。

トップガンは紛れもないトム・クルーズの出世作であり、若くカッコ良いトム・クルーズの花開く魅力を堪能したければこの映画がお勧めです。戦争映画というジャンルにはありますが、こハードな戦争映画は苦手と言う方にもオススメの作品です。

映画のタイトル(原題) トップガン
オリジナルタイトル:TOP GUN
監  督 トニー・スコット
出  演 トム・クルーズ、 ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、メグ・ライアン、アンソニー・エドワーズ、 リック・ロソヴィッチ 他
製作・配給会社 パラマウント / UIP
公式サイト 公式ウェブサイトの情報は見つかりませんでした。
公 開 日 1986年12月6日
上映時間 110分
著作権情報 すべての映像及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。
スポンサードリンク広告

執筆者:webmaster さん

\ SNSでシェアしよう! /

戦争映画が好きだッ!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

戦争映画が好きだッ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

webmaster

webmaster さんが書いた記事

  • 何度見ても引き込まれる戦闘シーン!「ブラックホークダウン」の魅力

  • 2014年公開の戦争映画「 フューリー 」は、ブラピ主演ながら戦車主役の戦争映画

  • ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場 は米軍のグレナダ侵攻を題材にしたマッチョな戦争映画

  • 「 地獄の黙示録 」は、戦争心理の怖さと人間性の脆さを鋭く指摘する戦争映画

関連記事

  • 暗闇の中の絶望と恐怖を見事に表現した戦争映画「 ジョニーは戦場へ行った 」

  • 「 キャプテン・フィリップス 」は民間の貨物船を舞台にした、戦争の根源を問う戦争映画だ

  • 派手な市街戦が見どころ!戦争ジャンキーファンの為の戦争映画「 ブラックホーク・ダウン 」

  • たった1台の戦車で、ドイツの大軍を相手に戦い抜いた5人の男たちを描く戦争映画「フューリー」

  • せめぎ合う「善」と「悪」。一兵士の視点でベトナム戦争を描く戦争映画「 プラトーン 」

  • 「 地獄の黙示録 」は、戦争心理の怖さと人間性の脆さを鋭く指摘する戦争映画