『Cyber Hunter (サイバーハンター)』5月15日に行われたアップデートより、データセンターが実装!

2020年6月5日

『Cyber Hunter (サイバーハンター)』にて、2019年5月15日に行われたアップデートで、スクワットメンバーが倒された後に蘇生する事が出来る機能が実装されました。
 
その他にもアタッチメント 「3倍スコープ」 「6倍スコープ」などが追加されました。
 
 
【データセンター】について
 
 
データセンターとは、戦闘中に撃破された味方を復活する事が出来るゲームシステムです。
 
 
本来ならば、ゲーム内で復活出来る事が出来るのは負傷状態のキャラクターのみですが、生存しているプレイヤーがバイオデータをデータセンターで修復する事で、撃破されたキャラクターを戦場に呼び戻す事が出来ます。
 
 
「2人スクワッド」 「4人スクワッド」でのみ出現となります。
 
 
データセンターの使用時間には10秒間のクールタイムが存在します。
 
複数の味方を蘇生する場合には1人の場合と比べて、かなりの時間を要するので、敵からの攻撃に気を付けましょう。
 
 
※バイオデータ・データセンターが実装されているのは 2019/5/15 時点で東南アジアのみです。
 
 
以前から、死んだ後が暇だなと思っていたので、この新しいゲームシステム実装は物凄く嬉しいですね。
上手く活用する事で、戦闘の幅が広がりそうです!!
 
日本にも早く実装して欲しいですね…!!